バースデイ旅行

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 専任媒介で契約する場合

専任媒介で契約する場合

土地関連のトラブルを避けるべく土地境界確定図を作っておくということは、住宅を売却する際にはあると思います。

 

売却の必須要件とは言えないまでも、土地価格が高騰している現在では、僅かな違いが金額に大きく響いてくるため、業者を頼んで測量してもらうことが多いです。

 

広さや手間などで費用は変わりまが30坪程度の宅地なら40万円ほどです。

 

見積りをとるといいでしょう。

 

売手としては痛い出費かもしれませんが、買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。

 

土地付き一戸建てを売却する際に、できるだけ高く売りたいのであれば、手始めにネットの住宅一括査定サービスを利用してみてはいかがでしょう。

 

正当な評価を得るために複数の会社から見積りをもらい、査定額もさることながら、本当に力になってくれそうな業者に絞って契約するのです。

 

その後、購入見込みの人が内覧に来る際には広く明るい家という印象を持ってもらえるように整理整頓は日常的に行い、季節はずれのものや不要品等は処分したり、目に入らないようにしておきたいです。

 

値段交渉になる原因をなるべく売主が作らないようにすると、結果的に高く売却することができるのです。

 

一軒家を手離す時に起こるトラブルの中で頻繁なのは、専任媒介契約をしておきながら、不動産業者を介さずに買手をみつけて、不動産業者に相談することなく、売買契約まで完了してしまうなどというケースです。

 

こういったようなケースですと、相手方の不動産業者に対して、仲介を依頼した物件の買手を探すための広告費、それに仲介手数料相当の違約金を払って、埋め合わせる必要があります。

 

一般媒介を選んでいれば、不動産業者の仲介以外で買ってくれる人を見つけても、差し支えはないため、違約金などもいりません。

 

でも、専任媒介で契約する場合よりも、一生懸命に買手を探してくれないこともあります。

コリン性蕁麻疹 完治