バースデイ旅行

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 早く確実に現金に変えられる

早く確実に現金に変えられる

もし不動産の売却を考慮しているなら、築年数のことがどうしても気になるでしょう。

 

築年数が売却価格に影響を与えるのは事実です。

 

戸建てのケースなら、築10年が経っていれば多くが建物の査定価格はゼロということになり、基本的に土地のみに価格がつけられるでしょう。

 

同じように、マンションでも築年数が浅い方が評価が上がりますので、戸建てと条件は同じで、築10年がボーダーラインになっています。

 

売却を考えている物件がマンションならば、不動産会社が査定で重視するのは以下の二つの条件に関する項目です。

 

まず重視されるのは地理的な問題です。

 

どの業者でもチェックするのは、景観を含めた周辺の様子、交通が不便ではないか、生活に即した施設が充実しているのかなど、マンションの建っている「場所」に対する評価になります。

 

もうひとつが、マンションそのものに対する査定です。

 

例えば、築年数ですとか、設備の充実、共有部分や階層はもちろん、周りの騒音や振動の有無、部屋の方角や日当たり、セキュリティー部分です。

 

こうしたポイントを一つ一つ細かく確認して最終的なマンションの査定額が決定されます。

 

家屋を売買するのなら、金銭と不動産の授受に関するすべてが終わるまでに少なくても半年程度はみておかなければいけません。

 

通常より短い期間で売却して現金にしたいなら、中古市場に出すのではなく、不動産会社の買取制度を利用する手もあります。

 

その代わり、相場から何割か引いた額になりますし、時間があれば中古で売却した方が高いので、あくまでも検討が必要です。

 

しかしある意味、早く確実に現金に変えられるという点では一番良い選択ではあります。

jcom重い改善